flash

設備紹介

効率アップのために日々改良の手を加えています

お客様のご希望に合わせた製品を作るためには充実した設備と作り手の専門知識や経験が必要になります。
ここでは、そんな製品を作るうえで欠かせない設備についてご紹介いたします。

コルゲートマシン

原紙を貼り合わせて加工し、段ボールシートを製造する一連のマシンです。

中芯原紙を波形に成形した後、裏ライナと貼り合わせて片面段ボールを作り、その片面段ボールに表ライナを貼り合わせた後、所定の寸法に罫線入れ・切断を行います。裁断寸法や使用する原紙の種類、製造数量は管制室のコンピュータによって管理され各オペレータへ指示されます。

photo

FFG(フレキソフォルダグルア)

photo

デザインを施した印版にインキを転移させ、段ボールに印刷を施すとともに罫線入れ・溝切り・接合・箱成形までを一工程で行います。
印刷インキはフレキソインキを使用します。

photo


photo


APD(オートプラテンダイカッタ)

photo

平らな抜き型を用いて上下運動をさせることにより段ボールを打ち抜く機械です。
給紙部、打抜部(プラテン部)、屑取部(ストリッピング部)、切離部、排出部により構成されており、
段ボールの屑の除去を機械側で行うなど生産性に有利な打ち抜き機です。

ロボットパレタイザ

高速で確実な段積みを行い、段ボールケース束を安定した荷姿に積み上げます。

photo

photo


photo


製品へのお問い合わせ、ご相談はこちらから

TEL 0568-79-1700

ページTOPへ戻る △

COPYRIGHT(C) 凾平段ボール株式会社. ALL RIGHTS RESERVED.