flash

製品紹介

お客様のニーズに合わせた段ボールを
お作りいたします

段ボールは大きな1枚の段ボール紙から製造するものなので、標準サイズや規格サイズ、といったような概念はありません。
お客様の希望されるほとんどの形を製造することができます。

ここでは一般的に良く使われる製品をご紹介いたします。

段ボールのしくみ

段ボールの波形部分をフルートといい、衝撃の吸収と圧力に対する強度を高める役割をします。
またフルートに貼り付けられている紙をライナといい、フルートとライナの組み合わせによって段ボールが出来ます。

この構造から次のように分類されます。

photo

片面段ボール

フルートの片面にライナを貼り合わせたもの

photo

両面段ボール

フルートの両面にライナを貼り合わせたもの

photo

複両面段ボール

両面段ボールの片側に片面段ボールを貼り合わせたもの

段の種類

段の種類 記号 段の数/30cm 段の高さ※1 段繰率※2 主な用途
A段 AF 34±2 4.5~4.8mm 約1.6 外装用
B段 BF 50±2 2.5~2.8mm 約1.4 外装用・内装用
W段 WF A段+B段 外装用

※1 実際の段ボールはライナの厚さが加算される
※2 単位長さのライナに対する中しん原紙の使用率

主な段ボールの種類

A式ケース

最も汎用的に使われているタイプです。みかん箱タイプとも言います。
全フラップが同一長さで、外フラップ(長さ面のフラップ)が突合せになっているのが特徴です。

photo

photo

B式ケース

蓋を差し込むタイプです。底面もテープや接着剤なしで組み立てられ、小形・軽量の商品に用いられます。

photo

photo

C式ケース

身と蓋が分かれているタイプです。ギフト箱によく使われます。
一般的にステッチャなどで接合し、組み立てた状態で納品します。

photo

photo

仕切・パッド

中身の保護や間仕切りをするタイプです。

photo

photo

製品へのお問い合わせ、ご相談はこちらから

TEL 0568-79-1700

ページTOPへ戻る △

製品紹介

COPYRIGHT(C) 凾平段ボール株式会社. ALL RIGHTS RESERVED.